決して悔しくなんかないですよ

仕事をしていてよその畑が気になる部分というのは多々あると思いますが、その中で最も気になるのはやはり年収だと思います。2年前のデータではありますが、サラリーマンの平均年収はおよそ400万円という結果が出ていますが、あくまでも全国平均であり地方によっては格差がかなりあるものと思っています。そこでへこむのを覚悟の上で、一般的に収入が多いとされている医歯薬業の平均年収を調べてみました。

結果からすると予想通り、一般以下の収入のサラリーマンである私には少々しんどいものでして、医師の平均がおよそ1200万、歯科医の平均がおよそ700万、薬剤師の平均がおよそ600万と、やはり1.5倍~3倍という結果になっていました。ちなみに切ない話ではありますが、私の現在の年収が250万に届かないぐらい。よく普通に生活できてるなぁ…都市部とちがって地方ですので住居費が大きくない、というのもありますが、これじゃ保険とかもなかなか入りづらいです…

とは言ってもこれも全国平均かつ開業医、勤務医全てを含む数字になりますからね。当然地方格差というものは存在しています。実際、私の友人で開業医の2代目は大体600万程度との事。それでも私の倍以上の数字なんですけどね…orz
それもこれも皆、私以上の努力を学生の頃から重ねてきた結果なんでしょうから、今更ブーブー言う方が間違っているんでしょうけどね。むしろ当然の帰結、と思うべきなんでしょう。ち、ちっとも悔しくなんかないんだからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です